オーブン陶土から生まれる、心穏やかになれるブローチ—ZAKKA CALMLY 長谷川恵子


長谷川さん02

長谷川恵子

大阪府出身。デザインの専門学校を卒業し、2012年9月にオーブンで焼成する陶土で作った手づくりのものをはじめ昭和のモダンなノリタケの食器などを主に扱う雑貨店「ZAKKA CALMLY」をオープン。

「オーブン陶芸」を知っていますか? 家庭にあるオーブンで焼成できる専用の粘土を使った陶芸のことで、本が出版されたり教室が開かれたりと最近注目されています。出町市場Um!にご出店いただくZAKKA CALMLYもオーブン陶芸の作品をご出品されるとのこと。オーナーの長谷川恵子さんに、オーブン陶芸の魅力や作品へのこだわりを伺いました。

 

“様々なものづくりをして、辿り着いたオーブン陶芸”

 

—店名になっている「CALMLY」は、どういう意味なのでしょうか?

 

長谷川 英語で「穏やかな」という意味があります。元々は昭和時代のノスタルジックな雰囲気のある食器を販売する雑貨店だったのですが、日々忙しい中でも手に取ると心が穏やかになれるような作品を取り扱おうという意味を込めて名前をつけました。

 

—長谷川さんの作品の素材にオーブン陶土を選んだのも、そのテーマを表現できるのはオーブン陶土だと考えたからでしょうか。

 

長谷川 いえ、そういうわけではありませんでした。昔からものづくりが好きで、デザインを学ぶ専門学校を出てからも刺繍など色々な素材を使ってものづくりをしてきたのですが、書店で陶土がおまけについたムック本をたまたま手に取ったのをきっかけに本格的につくり始めました。それから自分でも驚くくらいオーブン陶土を使うのにハマっていったんです。

 

“オーブンの前に付きっきり……まるでお菓子づくりのような作品制作工程”

長谷川さん01

—長谷川さんのつくるブローチのモチーフになるのはパンが多いですが、お好きなんですか?

 

長谷川 はい。お客様から「動物もつくってほしい」とか、他のモチーフをご注文をいただくことがありますが、パンが好きなのでどうしてもメインになってしまいますね。地元で友達が経営するパン屋さんのパンが本当に美味しくて見た目も大好きなので、そのパンを参考にしながらブローチをつくっています。手作り市などで販売したときはパンを好きな方が興味を持ってくださることが多いです。お子様と一緒の方には「間違えて食べないように気をつけてください」と呼びかけています。

 

—本物そっくりだからそんな注意が必要になってくるんですね。その理由は、色使いにあるのではないかと思います。

 

長谷川さん つくる工程で着色が最も難しいですね。アクリル絵の具を塗ってから20分ほど焼き、強度を出すために専用のコート剤を塗り、また15分ほど焼きます。同じ陶土でも土の配分が異なるので、一つひとつの作品の色が異なります。特に食パンのブローチはきれいな白色を出すのが難しく、焼き加減を見るためにオーブンの前から離れられません。

 

—まるでお菓子づくりのようですね。

 

長谷川 そうですね。思い通りのものができたときはとても嬉しいです。土の温かみが感じられる作品なので、手に取って質感を楽しんでもらえたらと思います。

 

—ありがとうございました。

 

 

■ZAKKA CALMLY

HP:http://zakka-calmly.com/

※現在オンラインショップ、手作り市等イベントでの販売のみです。

 

■出町市場Um!「おいしいブローチ」@Deまち

7月25日(土)〜26日(日)10:00〜17:00

URL:http://ichiba.napoletano-kyoto.com/

※ZAKKA CALMLYさんは25日(土)のみの出店となりますので、ご了承ください。


2015-07-21 | Posted in インタビューComments Closed 

関連記事