「身につけて出かけたくなるようなアクセサリーを」―きゃろっとたうん 猪俣愛美


きゃろっと02

猪俣 愛美

埼玉県朝霞市出身。2014年より、出町枡形商店街にてハンドメイド雑貨店「きゃろっとたうん」をオープン。様々な手づくり作家による作品を取り扱っている。自身も小学生の頃より編み物を始め、ニットの洋服、鞄、アクセサリーなど現在も精力的に制作活動を行っている。

きゃろっと01

―このお店を始められた経緯は?

 

猪俣 私自身も編み物の作品をつくっていて、2年ほど前から手づくり市などで販売もするようになりました。そうしたら、ファンの方から店舗をつくってほしいという要望が多く寄せられて……。物件を探して、2014年の10月にお店を始めました。ここ、元はバイオリン教室だったので、床にチェロやコントラバスを立てた跡の穴がたくさん残っているんですよ(笑)。

 

―ご自分の作品だけでなく、いろいろな作家さんの作品を取り扱うようになったのはどうしてですか?

 

猪俣 作家の友達がいるのですが、私がお店を始めるときに「自分の作品も置いてほしい」と言われたのがきっかけで、その友達、そのまた友達……というように作家つながりで広がっていったんです。今は輪がもっと広がって、北海道から沖縄まで100人くらいの作家さんの作品を取り扱っています。

 

―100人!? それも全国に輪が広がっているんですね……! ところで「きゃろっとたうん」という名前の由来は何ですか?

 

猪俣 私の出身地である埼玉県朝霞市がニンジンの産地で、別名が「キャロットタウン」なんです。覚えやすくて響きがかわいいですし、ふるさとはやっぱり私の原点なので、この名前を屋号にしました。

 

編み物熱の再燃と、大きな転機

きゃろっと03

猪俣さんの作品。繊細な編み物のヘアバンドやネックレスなどなど。

 

―編み物は、小さい頃からずっとやっていらっしゃるのですか?

 

猪俣 始めたのは小学校4年生のときです。家族の中で誰も編み物をしていなかったので、図書館で本を借りて、独学で小物をつくったりしていました。でも、5年生で陸上を始めてからはしばらくつくっていなくて……。18歳のころにロリータファッションに目覚めたのをきっかけに服をつくるようになって、そこで「そういえば私、編み物できるんだった!」って思い出したんです。衝動的にまた編み物がやりたくなって、でも道具がなくて、棒針の代わりに色鉛筆を使って編んだりしていました(笑)。

 

―そこから、お店を出すまでになったんですね。

 

猪俣 はい。お店を始める大きな契機として、7年ほど前にバセドウ病に罹ったということがあるんです。働いてもストレスが原因で病状が悪化したりしてしまうので、ならばいっそのこと自分でお店を開こうと思って。あとは、お店を通じて同じ病を抱える方たちとこの病気のことを共有したいという思いもありました。病気というとマイナスのことばかり考えちゃいますけど、かわいい手づくりのアクセサリーなんかを見て、これを身につけて出かけたいなぁと明るい気持ちになれたら良いですよね。

 

大好きな編み物で、「おいしいブローチ」に初挑戦!

きゃろっと04

―今回の出町市場は「おいしいブローチ」がテーマとなっていますが、どのようなものをご出店されますか?

 

猪俣 今はまだサンプル段階なのですが、刺繍糸で編んだブローチを出す予定です。これまでも、ニンジンのティペットやリンゴの形のポシェットといった食べものモチーフの小物自体はつくったことがあるのですが、ブローチは初めてで……。今回の出店を機に、使う糸や大きさなど、試行錯誤しながらつくっています。ブローチにあまり馴染みのない人にもつけてもらえるようなものができたらいいなと思います。

 

―「食べ物モチーフ」の魅力とは?

 

猪俣 まず、形がかわいい!色も鮮やかで、見ているだけでも目が楽しいですよね。それから、食べてるときって本当に幸せで、嫌な思い出がそこまでないから、食べものモチーフのものをつけても嫌にならないんだと思います。食べてるときっておいしいし、楽しいし……。ケーキなんか特に! 幸せの象徴ですよね。

 

※きゃろっとたうんさんの出店は26日のみです。また、「Popping Pop」のてぃさんと合同でご出店される予定です。

※この記事は、2015年6月28日に「ナポリタン」に掲載された記事を再編集したものです。

■きゃろっとたうん

住所:京都市上京区寺町表町31-3

営業時間:12:00~19:00

定休日:毎週水曜日、他

URL:http://carrottown.net/

twitter:@carrottownkyoto

■出町市場Um!「おいしいブローチ」@Deまち

7月25日(土)〜26日(日)10:00〜17:00

URL:http://ichiba.napoletano-kyoto.com/


2015-07-07 | Posted in インタビューComments Closed 

関連記事