【連載】初心者でも安心! 「はじめてのすもう学」イベントレポート第1回


12043021_1784109375149324_1651817045682321001_n

奥様の名前は沙弥香。そして、旦那様の名前は宏之。ごく普通のふたりは、ごく普通の恋をし、ごく普通の結婚をしました。でも、ただひとつ違っていたのは、奥様は……スー女だったのです。

 

上京区のイベントスペース「Deまち」で2015年10月10日に行われたイベント「はじめてのすもう学」は、こんな一文から始まりました。

 

新雑誌「相撲ファン」の創刊、日本相撲協会の公式マスコットキャラクター「ひよの山」の出現、大相撲秋場所・千秋楽の平均視聴率が20%超えするなど、現在のすもうは以前までのような神聖なスポーツという側面に加え、親しみやすい文化芸能として今再びブームを巻き起こしています。特に、すもうを愛してやまない女子たちはすもう女子を略して「スージョ」と呼ばれ、日常の中に自分らしく相撲を取り入れたライフスタイルを送っています。

 

そのようにすもうファンが急増している今、もはや「知らなかった」では済まされない!? すもうを愛してやまない後藤一家によるすもう学イベントのレポートを全3回にわたってお届け。第1回となる今回は、後藤一家がすもうファンになったきっかけや、すもうを観るときに知っておきたい基本知識を教えてもらいました。

 

■講師プロフィール

妻プロフィール

後藤沙弥香(妻)

すもう観戦歴20年以上。旭鷲山が好き→大学でモンゴル語を学ぶ→留学→帰国後は国技館の近くに住む→結婚して京都へ。しかし友人の力士が八百長問題でどんどんいなくなり、最近はやや情熱が失われているので、本場所に行っても取組は余り観ない。曰く「国技館にいることが重要」。

 

夫プロフィール

後藤宏之(夫)

すもう観戦歴6年。好きな力士はエドモンド本田。というくらいの、大して相撲に縁の無い生活が、妻との交際を機に激変。カルチャーショックを受けつつ、こんな人生もいいだろうと思っている。むしろ最近の情勢は妻より詳しくなりつつあるらしい。

 

後藤伊織(息子)

すもう観戦歴3年9カ月。既に10回以上、本場所に行っている3歳児。力士を見慣れているからか、体の大きな人を好む。父と相撲を取る前には四股を踏み、勝ったら蹲踞して手刀を切る。得意技は内無双。

 

「国技館にすもうを観に行くために、両国の近くにある会社に就職しました」

 

①

沙弥香さん すもうを初めて観たのは中学生の頃なので、もう20年ほど前になります。高校1年生のとき、初めて関取になったモンゴル人として有名な旭鷲山(きょくしゅうざん)のファンになっちゃって……。「どうにかして旭鷲山と喋りたい!」という思いからモンゴル語の本を買って勉強し、大学は大阪外国語大学のモンゴル語学科に入りました。卒論のテーマは「日本とモンゴルの架け橋となる力士たち」。

卒業後はモンゴルに留学し、さらにモンゴル語を学びました。帰国して、国技館のある東京の両国に住みたかったのでその辺りの会社に就職して(笑)、毎場所ひとりですもうを観に行っていました。結婚を機に京都に来たので、すもうから離れてしまって寂しい思いをしているんですけど……、今でも年に2回くらいは国技館に観に行っています。

 

宏之さん 私は中学生の頃に「若貴ブーム」(※注)があったのでTVニュースで相撲のことを知るくらいで、すもうに対してとくに大きな興味はありませんでした。……が、妻と結婚し、気がつけば今日このような場で喋らせてもらえるまでにすもうに詳しくなったという感じです。

 

(※注)「若貴ブーム」…若乃花(若花田)と貴乃花(貴花田)の兄弟の活躍が平成はじめに大相撲界で巻き起こしたムーブメント。

 

まずはすもうの基本的な知識を学ぼう

 

宏之さん 力士の地位・給金を決める「本場所」が年に6回、各15日あります。奇数月に行われ、1月は「初場所」と言われるもので東京、3月は大阪、5月は東京、7月名古屋、9月に東京、11月に九州と、東京と地方を行ったり来たりして開催されます。

本場所のほかに「地方巡業」と呼ばれるイベントもあります。10月18日に島津アリーナ京都(京都府立体育館)で行われた「京都場所」もそのひとつですね。

IMG_2686

宏之さん 次に、おすもうさんのランクについて。一口にお相撲さんと言っても、様々なランクがあり、これを「番付」と呼びます。十両〜横綱を「関取」と言って、幕下〜序の口を取的と言います。十両になったら一人前、野球で言うと一軍と説明するとわかりやすいでしょうか。NHKの相撲中継は幕内の力士から始まるので、有名になれるのは幕内からです。

 

沙弥香さん ちなみに、「関」と付くのが十両以上なので、幕下以下は誰々“さん”で良いんです。

 

宏之さん 白鵬が今後もし落ちたら「白鵬さん」になるということですね!

 

次回「はじめてのすもう学」レポート第2回は後藤夫婦による相撲クイズです。近日公開予定なので、お楽しみに!


2015-11-02 | Posted in イベントレポートComments Closed 

関連記事